子どもはその優しさにどっぷり浸ってしまいます。

しつけだと考えている そして、自分の教授法に誤りがなかったかどうか、拙劣な点がなかったかどうかを反省するのですまた、子ども自身に問題がある場合にも、それがどのような理由にもとづくか、どうしたら教師の期待水準にまでその子ど