母の乳房を知らず哺乳瓶育ちが多いけれど

大学を出て文部科学省の試験に受かれば初等

しかも、栄光ある人生を送ってきただけにいったん落ち目になりますと、脱落も早いのです。本人の望みが高いだけに、望み通りの成績がとれないと学校へ行けなくなります。つまり、学校からの逃避です。そして、それを何とか合理化しなければならないから、からだについての訴えにもなるのです。
本当の勉強とは、学校で習ったことをそのままよく覚えて、いい成績をとることではないのです。習ったことの中から、自分で興味をもったことについて、あれこれと調べてみたり、自分自身で体験してみることによって、勉強というものの楽しさも苦しさも知るとができるのです。
高校生ぐらいにかけては不安定な時期

その場合には、しばしば、学校で習ったことを覚える時間がなくなり、テストなどには
よい成績がとれないことがあります。テストには、すでに述べたように、記憶しているかどうかを試しているものが非常に多いのです。ところが、自分で思考したり創造したことについては、きちっとした評価の方法がないのです。ですから、教師によっては無視されてしまうことになりがちですつまり、自発的に勉強する-という大切な勉強が行われているときには、学校の成績が落ちるということは、実際には、よくあることです。その点に気がつかない教師は、「今学期は成績が下がったから、よく勉強するように言っておいて下さい」などと愚かな注文を母親にしています。同様に愚かな母親は、帰宅するや否や、子どもをつかまえて学校の勉強をきちっとするように戒告するでしょう。そして、子どもに対して本当の勉強への意欲を失わせてしまうか、ますます反発をさせて、学校の勉強を嫌うような子どもにしてしまうか、どちらかでしょう。
そこで、いのです。

しつけがなされていない言葉遣いの問題などは家庭


子供でも真っ向から悪い子と決めつけない

ります学校での成績がオール5の子どもについては、むしろ、心配しなければならな自発的な学習が行われているかどうかを、充分に検討してみることが必要になうちの子は本が好きで、いろいろな本を読んでいますと答えるお母さんがいます。そのような子どもについては、お友達があって、充分に遊んでいるかどうかについて検討してみることが必要です。学校の勉強がよくできても、読書をよくしていても、友達がいない子どもは、人格形成にゆがみを持った子どもと言ってよいでしょう。思春期以後いろいろと問題を起こすような子どもの中に、頭はいいのに友達が余りいなかった--という子どもがいるのをご存じでしょうか。勉強も、友達もいっしょに、いろいろと新しい分野を開拓していくことが、勉強の楽しみを養うのに役立ちます。とくに、上級学校になればなるほど、両親が手伝うことはできなくなります。自分の力で勉強しなければならないとすれば、勉強の楽しみがよくわかっていなければならないのです。自発的に学習をする子どもには、それがわかっています。
子どももきち

勉強で来い

成績が下がったり上がったり、むらがあるという子どもについて検討してみますと、なかなか熱心に自発的に学校以外の勉強をしていることがわかります。学校の勉強さえしてくれれば-という考え方を改めてほしいのです相対評価しかしない通信簿の限界私は、自分の子どもの通信簿を見たことがありません。
とくに見ようとしなかったのです。一つには、評価がパーセンテイジになっていて、相対評価が行われていたからですそのような評価は子どもの性格を悪くしてしまう例があるからですまた、子どもらしい活動をしており、勉強も多少はする-という子どもであれば、とくに小学校の時代には最も
よい子であるという考え方に立っているからです。そもそも人間を相対的に評価することには問題があるのです。手足に多少の麻痺があり、本人は一生けん命に努力していた体育の評価が、いつも1という例さえあり、これは、宿命に対して評価をしていることになるのです。


子どもにやらせてみる

子どもに答えさせるのは無理。

こんなに無惨なことはないでしょう。この考え方は、ふつうの子どもについても言えることです。一人一人の子どもを大切にしてくれる教師であれば、そのような残酷なことはできないはずです。
私は、悪い点をつけて平気でいられる教師は、悪い教師だと思います。成績の悪いことを子どものせいにして、自分の努力を怠っている教師だと思います。そのような教師はペーパーテストなどをしても、ただ点数をつけて、家庭へ持ち帰らせるでしょう。そしてお母さんによく見てもらいなさいと、親子の間のけんかを刺激するようなことを言うものです。
母の乳房を知らず哺乳瓶育ちが多いけれど

子どもの不登校や非行に悩まされている


母さんそういってたのかな?

教科教育の専門家ではない親は、悪い成績を見て、カッカとしてしまうでしょう。
そのようなことをすれば、答案を親に見せないようになる子ができるのは、当然のことです。どぶへ捨てたり、破ってしまったりもするでしょう。そうなると、教師の側も、検察的な方法をとり、親のを押してもらってくるように言うでしょう。実は、これが今の教育界の
悪さを物語っているのです。
ペーパーテストの結果は、どの点が子どもに理解されていないかを、一人一人の子どもに即して検討するために大切な教師の資料とすべきです。

  • 母を信じる
  • 教育を受けてきた人たちにとって
  • 子どもは必ずそのことの意味を悟