子どもでそれなりにわたしの生活態度を見

両親との安心した家庭生活においてこそだという思い

ちょっとした足掛けの場所を見つけようとしません。すなわち、経験が実に少ないのです。そして、手ごわいとなると、直ちに逃避の構えを作ります。山になんて行ったって、意味がない
こんなところへ連れてきて、少しも面白くないなどと文句を言うのです。山登りに積極的に興味を示し、困難があってもそれを克服しようとする子どもとは、ちょうど対照的です親はグリーン車、子どもは普通車困難に遭うとすぐに逃避的となる子どもは、実は、日常の生活において、子どもには苦労をさせたくないという両親の影響を強く受けています。小学校三五年にあってはントの高い率

子どもたちにギターを選んだ理由の一つは私自身

子供は親の従属物ではありません。甘やかされているのです。両親が苦労をして今日の財を築き上げた-という家庭の子どもに多いのが目立ちます。それにも無理のない面があるのは、両親が余りにも苛酷な苦労を耐えてきたという人生経験があるからでしょう。しかし、それだからこそ今日の生活を築き上げたのであって、子どもに苦労をさせたくない--ということで育てられた子どもは、意気地なしになっていることをしっかりと考えておかなければなりません。困難に遭ったときに、それを乗り越えようとする意志力が養われているか、その困難から逃避したり、挫折してしまったりするかで、人生行路は左右されるでしょう。
先日も、中学二年生の登校拒否の子どもが来ました。両親は、終戦後の苦労をし尽くして、経済的な安定を得たのですが、子どもが小さい頃から旅行に連れ出すときにはグリン車ばかり、宿泊も一流のホテルということでした。
両親があります。

先生にも相談してみよう

子育てをしてきたことになります。
親はグリーン車に乗っても、子どもには普通車に乗せるぐらいの配慮が必要ですし、それができなければ、親子ともども普通車にして、ユースホステルへ宿泊するぐらいの心構えが必要ですとくに昭和三十年以後、日本の経済復興が進み、経済大国になるにつれて、家庭の経済
もよくなり、それと並行して、登校拒否の子どもがどんどんと増加したことに注目しなければなりません。登校拒否児にも二つの経過があり、一つは、親の干渉や支配を受けていわゆるよい子であった子どもに突然現れますが、もう一つは、つらさに耐える力を与えられなかったために、学校や学習に困難を感じ始めると、そこから逃避して、家の中に閉じこもってしまうという状態で、それが両親やその他の家族から溺愛や過保護を受けてきた子どもたちなのです。

両親にしても教師にして

子どもがやりやすい方法を考えて
子どもには、その年齢に応じて、とに、もっと努力が必要です困難な場面を与え、それを克服する力をつけさせるこ
子どもの創造性をのばす教育を0の高い子どもは頭がよいか?
頭のよい子どもとは、どのような子どものことを言うのでしょうか。恐らく、知能の高いということを考えるお母さんが多いと思います。また、学校の成績がよい子どものことを思い浮かべる人がいると思います。中には、知能指数の高い子どもが引き合いに出されるかも知れません。
しかし、頭のよいことと知能の高さとの関係はどうでしょうか。実は、知能の構造にっいてはよくわかっていないというのが結論になります。では、知能テストはどういうことなのか--と思う方もありましょう。そこでまず、知能テストについて考えてみることから始めましょう知能テストを世界で初めて考え出したのは、フランスのビネーという学者です。ビネは、初め、知能のおくれた子どもたちを客観的にとらえようとして、知能テストを作っのです。その限りにおいては、病理的観点に立って、子どもを見つけようとしたことになります。

子どもの気持ちを親が訴えたとは言わずまた親のほう

母に孝兄弟に友くつかを並べてみた夫婦相和しという
この病理的観点というのは、障害のある子どもを見つけようという立場に立つもので、この立場に立って子どもを見る限り、異常な子どもを多く作る可能性がありますこの誤りを犯しやすいのが医者で、何か病気がないかと思って人間を見ると、何らかの病気が見つかるものです。それは、人間というものが決して完全な存在ではないからですたその後、知能テストはいろいろと改良され、非常にたくさんのテストが考案されましたが、ちがった種類の知能テストを同一の子どもに実施してみたことがあります。その結果あるテストでは知能指数IQが九一と出ましたが、別のテストでは、八三と七四とが出た例があります。

母が一切の食料が底をついている

IQ九一であれば、正常児、七五以ドであれば精神薄弱児、八三であれば境界線児ということになりますから、同じ子どもが正常児でもあり精神薄弱児でもありあるいは境界線児ということになり、こんなに馬鹿げた話はないわけです。そうなるとQ九一という結果が出るようなテストは甘いテストだと言われるのですが、いというのは何を基準としているのか、実ははっきりとしていないのです。
甘いとか辛知能テストはまた、余程熟練した人によって検査されたものでなければ、信頼できません。これは、かなり信頼をしてもよい相談所について調査したものですが、どのような子どもの回答をとするかとするかをきいてみますと、かなりちがった結果が出たのです。


両親があります。 学校に来るようになります しつけなのです。