しつけなのです。

しつけなくてはいけないということをはき違える

ところが、その間その子どもには、自分でいろいろと思考する力が伸びていなかったのです。この力は、自発性に支えられており、創造性とも関係があります。この力が必要になった中学生の頃に、もろくも脱落したのです。よい成績を上げている子どもの中に、このような子どもがいることに、両親も教師ももっと目を向ける必要があるのです。
自発性の発達している子どもは、自分で考えて、自分で選択した勉強をしますから、それが教師の要求する教科内容とはすぐに結びつかない場合があります。自分の好きな勉強に熱中すると、教科内容以外のことに時間をかけることになります。その間に、自発性にもとづく実力を養っているわけですから、貴重な学習をしているのですが、その際にはテストの成績が悪かったり、通信簿の点数も下がったりするものです。
学校でもお父さん

ところが、成績が下がったということだけで、困った子と判断されるのですから、実に困ったことと言うべきでしょう。むしろ、いつもオール5をとっている子どもは自発性の発達については危険を秘めている子ではないかと考えてみるべきでしょう。
頭のよい子という場合には、記憶のよさもある面では必要ですが、自発性にもとづく創造性が重要な意味を持っています。この創造性は、現在の段階ではなかなか測定することができません。ですから、つい見落とされてしまうのですが、子どもと親しくつき合い学業にとらわれずに子どもの活動を見ていますと、その点を発見することができるものでお母さんの中にもそのような発見をする人がいます。

育ててみるかと。


母さんに聞く

「うちの子は学校の成績はまあまあですが、なかなか独創的なところがあるのですよ」と、それを楽しんでいる発言をして下さいますとくに今の学校体制では、詰め込み主義の教育ばかりとなり、創造性が育つ余地がないほどですから、詰め込み教育に適応している限り、創造性は育たないということを、両親も教師もよく考えて、観点をかえて子どもを見る目を養ってほしいのです。その時に初めて、本当に頭のよい子が浮かび上がってきます。

いつも優等生の落とし穴ほめられるために勉強する子どもよく勉強する-という状態について、両親はどのようなイメージを持つでしょうか教師もまた、しょうかよく勉強するという評価をする際に、どのような子どもの姿を頭に描くで家庭での状態から言えば、学校から帰ってきた子どもが、ひと休みしたあとで、自発的に自分の部屋に入って復習や予習をし、夕食後間もなく勉強を始める-という子どもであれば、よく勉強する子という評価を与えるでしょう。
両親があります。

大学にあるかどうかもわからないと思う。

しかも、その勉強が、学校の教科であることが必要で、学業以外のことをしていると、そんなに遊んでばかりいないで、学校の勉強をしなさいと叱るでしょう。学校の勉強をよくして、そしてよい成績をとっていれば、教師もまたよい子として認めるのが普通です。教師の中には、申し分ないお子さんです!と言う者があるかも知れません。また両親も満足してわが子を眺めているでしょう中には、余り勉強しないでも学校の成績のよい子どもがいます。お母さんはうちの子はちっとも勉強しないのですよとは言いますが、その言葉の中には、それを誇る気持がひそんでいることもあります。


子どもが認めている証拠です。

子どもに対するよう

勉強なんかしなくてもできるほど頭のよい子だ-という気持が見えます。
このような子どもの将来はどうなるのでしょうか。小学校五、六年生のときに、教師から三羽烏と謳われ、国立大学入学を請け合いますとまで言われた子どもが、いずれも高校生のときに脱落してしまったという話はすでにしました。
うた二歳のときに、ノートと鉛筆をもって勉強するのだと言い、三歳から幼稚園に通い、よくできるお子さんとほめられ、小学校のときもほめられ続けたような子どもが、中学生になって登校拒否を起こしたり神経症になったという例を、次々に経験しています。
子どもの尻を叩きまくるわけです。

子どもたちにしてやれる


子育てをさせてくれる子

ある中学生は、しょっちゅう手を洗わないと気がすまないといった不潔恐怖症になりましたある高校生は赤面恐怖症になり、人前に出られなくなってしまいました。人が自分を見ているような気がして仕方ないのです。あるいは、心身症といって、からだのどこかに具合の悪い面を訴え、いくら医者から何でもない-と言われても、それを承知しないのですどうして、学校でよく勉強し、学業成績もよかった子どもたちが、このようになるのでしょうか。それは、本当の意味で、よく勉強をしているのではないからです。教師や両親からほめられたいから勉強しているのであって、ほめる者がいなくなったり、ほめられるに値するだけの成績がとれなくなると、身動きがとれなくなるのです。

  • 勉強ができないで困った子だねえ
  • 父親はきちっと家に帰る。
  • 母親と何回も話し合う機会があって